FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

誕生日

2011年06月02日
拓磨くんでーす

写真はリピーターのお客様にお子様がお生まれになりました
写真を送ってきてくださったのですが、あまりにも可愛く、癒されるので載せさせていただきました

誕生といえば今日、6月2日は次男隼平の誕生日です」
思い出せば・・・痛かったでも、生まれたらすぐに痛みなんて忘れてしまいましたけど・・・
隼平は手がかかりましたとにかく、赤ちゃんの頃は寝てくれなくって、抱っこしてやっとの思いで布団に置くとすぐに泣き出して、それが暫くして、うつ伏せにしてみたら・・
あらっびっくりスヤスヤ

生まれたときにわかったのですが隼平と母が繋がれていた臍帯は普通より、かなり短かかったのです
だから、たぶんおなかの中であまり動きまわれず、じっとしていたのでしょうね
生まれてからも、あおむけにされると、怖かったのでしょう
小さく丸まって、つかまっているような感じで寝るのが、おなかの時と同じようで安心感があったのでしょうね
赤ちゃんはそんなこと口で言ってくれないし、そのことに気づくまで、母はノイローゼになりそうでしたよ(笑)

他にも赤ちゃんの頃はよく泣くでしょうそうすると、周りの方、通りすがりの方も‘何かしらね、おむつかな・・おっぱいかな・・暑いのかな・・‘っていろいろ言われて・・周りのかたの思いやりだというのはわかるのですが・・心の中で‘私もわかりません‘って叫んでいたことを思い出します

つまり、母だって、育児はまだ始まったばかりでわからなーーーいって言いたかったし、不安でもあったのです
笑ってくれている時やスヤスヤ寝てくれているときは何度もキスしたくなりましたけど、泣き止まない時には悪魔のように思えた時だってあります。でも、その感情はたぶん正常であったと思います

今、こうして、息子たちが成長し、その時その時の育児を振り返ってみると
やっと、落ち着いて判断できます。
お伝えできることは完璧をめざしても、ダメということです。
というか、完璧!って思っていてもそれはあり得ないのです。育児は数学じゃないから
答えはひとつでないから・・・

完璧を目指すのでなく、ただ、ただ、お母様(父親、子育てしている方の)の笑い、笑顔が1番のいい子育てになるのではないでしょうか?
(かっこいいこと、書きましたが、それができたわけではないんです。経験してやっとそう思えるようになってきたのです。)

日々の笑顔、わらい、そして、時に笑えない日があっても笑えるように気分を変えたりして心から笑う日々が多いことが大事なのでは・・
(・・おじいちゃんおばあちゃんに預けたり、保育園やベビーシッターの力も借りたりして・・ストレスを発散することも大事ですよね。)

あっーーーーーでも、偉そうに書いてきましたが
何より、私を笑顔にしてくれたのは子供たちの笑顔でした
無邪気に笑う顔・・私を救い、家族を救い、地域を救い、日本を救い、世界を救う
赤ちゃんは一人の母親のためだけに生まれてきたのではないのですよね
だからこそ、母親も大事に赤ちゃんを育て、時には、人にお願いすることも、また、どうしても、どうしても、どうしても、育てられなかったりしたら、頼ってもいいと思うのです。
生きていることが大事なんですから。

なんて、いろいろ、話が飛びましたが
こうして、隼平が大きくなってこれたのは、私や父親だけの力でなく、沢山の方に助けてもらってきたということ
母親だけでは子育てなんてできないってこと、そして、私が笑ってこられたのは1番は(残念なことに・・離婚しているので)子供たちの笑顔だったのですよね。

とにかく、隼平、生まれてきてくれてありがとう
スポンサーサイト
思い | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。