FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

三者面談

2011年12月14日
三男の三者面談がありました
小学校のときから三男の面談は私にとって重たい時間でした

今回もやはり、そうでした!

三男は集中力が短く、小心者で、間違って恥をかくのであれば、逃げてしまえと私や兄たちがびっくりする行動にでることがあります(でも、友達も多いし、学校大好きで休まず行くし、勉強できないけど発想は豊ですよ)

先生からは寝てしまうことがあり→ノートをとらない→テストができないという悪循環になっているので直しましょうという事や給食時の話がでました

残念なことに、私のDNAがはいっているのだから、そんなに頭が良い子がでてくるとはなかなか思いません
でも、もう少し、自分で逃げずに頑張らないと、先々の進路や社会人となった時の根性、社会性、努力しようとする気持ちや達成感が芽生えないのではと心配になります

ここまでを読んでいただくとなんだか、当たり前の大人の心情で“フムフム、そうだね”と読んでいただけたと思います

でも、私にわきあがっった心情は実はこんなきれいな気持ちだけでなく、今回もしっかり、
悔しさ、苛立ち・・・
そして、どーーーーんと押し寄せてきた今までの自分の子育てへの悔み、情けなさ、どうして、こんな風に・・と
ものすごーーーーーいため息です
子供が今ある姿はどう考えても自分の子育てがさせたこと、自分の今までをすべて否定されているような・・・

その不安定になった気持ちは風船のように膨らんで、ちょっとの刺激で割れそうでした

でも、頑張りました私は深呼吸して、再度先生の話を分析。
落ち着け落ち着け・・心の中でつぶやきながら・・・

なぜなら、全て先生のいいなりで押し付けることはできませんから・・
本当にこの先生が話してくださっていることが子供をよく観察してのことか、どのように伝えればいいか、どのような子供に私はなってほしいのか・・

学校に行っている間は子供の様子がわかりませんし、今の中学は高校に向かうことばかりで、子供の個性を伸ばそうと思ってくださる先生は少ないですし、先生は沢山の生徒の進学を考え、箱の中に子供をいれることしか考えずはみ出した個性に対して向き合うまでのゆとりがないことも多いですし、先生も経験不足と人としての広さがない方もおられますから・・・
かといって、先生を全否定していいはず有りませんし、特に子供の前で先生を否定するような発言はよほどのことがないかぎり、子供のためにしてはいけないと思っていますから・・・l

もしかしたら、子供だって母の良かれと思った言葉で、学校だけでなく、母も敵になったと、逃げ道を失うことだってあるかもしれませんから・・・
(母も人間、悔しいですから・・要らぬ言葉や行動をしすぎてしまわないように・・)

学校では先生によく話してみます
と言って、家に帰ってきてからは、まず、引出し点検、もっていってなかった教科書や教材を
(私には、この教科は教科書使ってないなんて言っていたんです忘れ物があれば授業が分からなくなりますよね・・あー情けない)
チェックし、冷静に親子でこうしていこうと話、本人も納得したようだったので
夕食は楽しく食べました。

様子みていこう!なんて・・思えるようにもなってきたのに・・・

なんと、寝る前に、引きだしを再度みたら、三男が私が夕食用意している間にきちんとひとりでするからと言っていたのに、してなく、私をごまかしていたんです。またしても、目の前のことから逃げようとして・・


それからは、ブチ切れました
(たぶん・・年に数回しかない)
ママ逆上です
“あんな、恥ずかしい三者面談はないのにー反省しろ

結果、三男もあたふた、怯えて寝ました
でも、私は後悔はしませんでした。
疲れましたけど・・本当・・怒るのってパワーいりますよね、真剣に怒らないとなめられますからね

翌日再度、三男と話しました
先生がお話ししてくれたこと、特に給食の“楽しそうに食べろ”という発言は状況もあるし、中学の給食の時間が短いし、絶対にそうしなさいとは思わないけど・・・(“でも先生は好き嫌いなく食べなさいという意味でもあるからね”とも話しながら)わからない授業からの逃避は良くないと話、復習をしていこうと話しました

今まで、私も(離婚したこともあり)仕事が多く三男と向き合う時間が継続できずにいました
でも、今が最後の三男にとって大切な親子の時間。
これを大事にしないと、自立させていかないと

子供との時間大切にしたいなとつくづく反省しました
考えようには、親子で楽しむ素敵な時間になるかもしれませんものね
(長文お付き合いありがとうございます)

クリスマス

写真は昼間ネイルサロンでジェルネイルしていただいた物です
5000円ではがして新しいジェルネイルをしてくださるんですよ気分が凹んだら、いつも、こうして足を見て気分をあげているんです
可愛いでしょう



スポンサーサイト
生活 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。